座敷童子のもうひとりごと(仮)

座敷童子に憧れています。

4日目と思い出🔫

実習4日目でした。本日は子どもたちと水遊びをしました。

 

水鉄砲を使ったり、シャボン玉を膨らませたりとたくさん遊びました。

子どもたちは水着に着替えたのですが、私は服のまま参戦。子どもたちに背中を狙われ、びっちょびっちょになりました。着替えを持ってきていてよかった。

 

こういう体をたくさん動かした遊びや、園で過ごした何気ない一日が将来「こんなことしたなあ」と思い出に繋がっていくのだと思います。

 

いまの実習園は私の母園なため、懐かしいと感じたりすることも多くあります。実習中には「そういえばこの季節はあんなことが…」「私もご飯食べるの遅かったなあ」「泥団子作りがブームか」など、普段生活している時よりたくさんのことを思い出します。

 

 

それくらい子どもの頃の記憶って大切です。

 

 

だから本当に保育士や幼稚園教諭は偉いし凄いと思います。

私は将来は一般職を希望していますが、保育の実習を行なったからこそ、自分が子どもを産んだ時、小さい頃の記憶を大切に育てたいと思います。

 

 

お子さんがいる家庭は今のうちに絵本をたくさん読み聞かせたり、子どもが気に入っている服をたくさん着せたり、お弁当を工夫したり、一緒にお風呂入ったり、帰り道に手を繋いだり、いつもの車でのお迎えをやめて自転車でお迎え行ったりしてください。

今あげた全ての例を私は覚えています。私が記憶力が良いわけではないと思います。これだけ「幸せなことがあった」と数にして数えられるのが、今になって幸せということに気づきました。

 

 

昨日、ピアノを弾いて間違えたことを後悔したら「前来た実習の先生も間違えたから大丈夫だよ」と慰められてしまった。大変 心が救われたよう。ありがとね☺️

 

明日は園がお休みです。やった。ゆっくりできるぞ。でもまだやらなきゃいけないことがたくさん。

 

 

来週からまた始まる実習も楽しみませう。

 

明日はなにを書こうかな🐋

広告を非表示にする