読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座敷童子のもうひとりごと(仮)

座敷童子に憧れています。

母の日💐

今週の日曜は5月14日です!

 

この日は母の日!

 

3年前の母の日。

この日は私の特別な日となりました。

 

 

母から「今、父を会議に送るため松山まで来ています。暇だったらお茶しない?」との連絡が。

 

 

家族が大好きで、一人暮らしの私は「いくいく!」とソッコー返事。母と会うにも精一杯のオシャレをしました。

 

母は「himeちゃんの行きたいとこ行こうよ。カフェでもカラオケでもお買い物でもなんでもいいよ」と言ってくれました。

 

カラオケ!?母からその言葉が出るとは…!

 

 

 

私は歌うことが本当に大好きで、一人暮らしでもよく歌っています。ヒトカラだって行きます。

 

でも実家ではうるさいとよく怒られていました。勉強中もお絵かき中もお皿洗い中も車内でだってワンフレーズ歌うだけで「うるさい」とぴしゃり(´・ω・`)

父も母も長女も私の歌が嫌いだそうです。そこまで下手じゃないと思うんだけどなあ。

 

特に長女は口が悪く、細かいとこまで私の歌について口出しをします。おかげですっかり長女の前で歌うことが怖くなってしまったほど。

 

 

でも私の歌を聞いてほしい…!

 

 

母とカラオケにいくなんて滅多にないチャンス!

 

 

カラオケに着くと「もうhimeが好きに歌いな。母ちゃんは聞いといてあげるから」

 

ほんと…!?

 

いっつも私の歌はうるさいって言ってたのに…!?

 

 

私は好きなアーティストの曲を入れました。母は知らない歌です。

 

私がまるまる一曲歌ったあと母は

 

「himeちゃんは歌上手なのね。お母さん知らなかった」

 

と言ってくれました。

 

この言葉がね、ほんとに嬉しくて嬉しくて。書いてるいま、すごい泣きそう。

 

母にも歌って歌ってとせがんで、母は間奏中に「やっぱアルコール入ってないとダメだわ」と言いました。仕事仲間と忘年会でしかカラオケを利用しないからこのコメントが出たそうです。

 

そのあと会議が終わった父をカラオケに呼び出しお歌を披露。

 

「ねっねっ、パパ。himeちゃん思ったより歌上手よね」

「うーん、そうだね」

 

はー嬉しい。

 

小学生の頃、片思いしてた男の子に「お前は歌うときだけ声変わって気持ち悪い」と言われたことや、長女に「絶対家族でカラオケなんか行きたくない。himeの歌とか聞きたくないもん」と言われたこと、とてもつらかったなあ。完全なトラウマでは?

 

歌うのがほんとに大好きなのに人前で歌うのが怖くて、小学生の頃気になってたけど合唱部に入れなかった。中学も歌うのは犬の散歩の時と部屋にいるときだけ。高校からはようやく慣れてきて、普通に友達の前とかでは歌うことが出来てた。

 

私 記憶喪失になってもこの日だけは絶対忘れたくないなあ。

生きてきたその日までの19年間全てが報われた気持ちだった。忘れないぞ!!!

 

でも未だに長女の前で歌うという行為は少し怖いです。

 

いつか長女の前でも堂々と歌えるようになりたいな〜〜。あと家族でカラオケ合戦したい。

 

あ、片思いしてた男の子にカラオケにて完全勝利した話があるのですが、それもまた今度書きます。それもね、すっごく嬉しかったの!

 

ということで私の特別な日でした。

 

みなさんは母の日何しますか?

私の家は、お花と母の好物のはちみつとわたがしと、懐かしくて買ってしまった昔hime家で使われていたバスマットをお送りする予定です。

 

理由がないと日々の感謝なんて言えないもんね!良い祝日だなあ💮

 

素敵な母の日にしてください!まだ時間はあるぞ!!!!!

 

本日も楽しみませう!

 

明日はなにを書こうかな🐋